Thursday, May 29, 2014

近所のお城に住む王子様。

みなさん、ただ今発買中のHanakoはロンドン特集です!

http://magazineworld.jp/hanako/hanako-1065/

42ページの『英国と紳士』の記事は、近所にある15世紀に建てられたラリングストン城に住む、エドワード3世の血を引く王子(と勝手に呼んでいる)トム・ハート・ダイク様のインタビュー。私もちょっとだけ取材協力をさせていただきました。38歳の本物のジェントルマン&文字通りの『独身貴族』のトム、実は驚愕の過去を持っている方なのです。

小さい頃からおばあさまの影響で植物を育てる事が大好きだった彼、23歳の時に南アメリカにしか生息しないという蘭を求めて探検に行きます。そこで何と現地の武装ゲリラに誘拐されて、約9ヶ月も拘束されてしまうのです。毎日ピストルを突きつけられて『ああ、今日こそ殺されてしまう。』と恐怖に震えながら過ごした日々・・・。

初めてこのトムの話を95歳になる義祖母に聞いた時は、「おばあちゃん、一体どのおとぎ話をしてるんだろう・・・まさかボケちゃった?!」と思ったほど、現実の話だとは思えなかった私。だって、お城に住む王子が谷間に咲く蘭を探しにいって悪い奴らに誘拐されて奇跡の生還!なんて話、子供の頃童話で読んだ気がしません?

とにかくこのおとぎ話を地で行くトム王子にはいつか会ってみたいと願っていたので、今回取材に同行できて光栄でした。下はお城&敷地内の写真。

後ろの絵の方々は皆、先祖様。



このお城にもやっぱり幽霊が出没するらしく(イギリスのお城はもれなく幽霊付き)、ラベンダーの香りを漂わせる女性の幽霊がもう200年も前から何度も目撃されているらしい!香り付きの幽霊って何だか説得力ありますね。トムのこのお城のすぐ近くには私のお気に入りのラベンダー畑があるんだけど、何か関係あるのかしら・・・とか思ったり。
広大な敷地には湖も。
12世紀に建てられたこの敷地内の教会でトムのお姉さんは結婚式を挙げたそう。






トムが住むのはあちらのゲート・ハウス。
トムの部屋の壁にはゲリラから解放された時の記事のスクラップが。
このトム王子、子供の様に無邪気&目が半端無くキラキラと澄んでいて、非常にチャーミングな男性。武装ゲリラに拘束されていた極限の状況下でさえ、『その親方がウィル・スミスに似てたから、ずっとウィルって呼んでたんだよ』とユーモア精神で乗り切っちゃったから凄い。その上、気を紛らわす為にジャングルの花や植物を使ってガーデニングまでしていたって言うんだから舌を巻きます。その間一体何を食べさせられていたかと聞けば、猿の手やらワニやらトカゲの入った『ごった煮』。『人肉は多分入ってなかったと思うよ』だって(!)。もっとトムの事知りたくなってきたでしょ?詳しい事は是非Hanakoの記事を読んで下さいませ。

このガーデニング王子の器の大きさと計り知れないポジティブ思考に、すっきりと心洗われて帰途に着いた私。想像してた通り、いやそれ以上に素敵な人で良かった!ただ、彼と結婚する人はだいぶ苦労するとみて間違いない(笑)。

トムの住むLullingstone Castleは一般公開されているので、訪れてみれば王子に会える可能性は大。ちなみに私の友人が早速行って来て『トム居なかったよ〜、残念!』と言っていたけれど、王子は作業着を来て庭師として一心不乱に草花の手入れをしているので、単に気づかなかっただけだと思う・・・。

Lullingstone Castle
http://www.lullingstonecastle.co.uk/

トム王子のウィキペディア:
http://en.wikipedia.org/wiki/Tom_Hart_Dyke

Saturday, May 24, 2014

今日のカップケーキ。

Tuesday, May 20, 2014

The Chelsea Flower Show

毎年5月にロンドンはチェルシーで開催されるガーデニングの一大イベント「チェルシー・フラワー・ショー」に行ってきました。この素敵なピオニアとケーキでいっぱいのテーブルのコーディネートにうっとり。この夏に是非うちのお庭で再現してみようっと。

Monday, May 19, 2014

マグノリア・ベーカリーが日本上陸。

私が6年間働いていたニューヨークのマグノリア・ベーカリーが、来月いよいよ表参道にオープンするようですね。

そして・・・『SEX AND THE CITY』のワンシーンの為にこのカップケーキを作ったのは、何ともう14年も前の事だったと判明して驚愕。

しかし灼熱の日本の夏に、カップケーキを食べたくなる人なんているのかな?と言うのが私の素朴な疑問。カップケーキの上に乗ってるバタークリーム、外を2、3歩歩いただけで溶けちゃう様な気がするんですが、お持ち帰りの箱にはドライアイスを入れてくれるのかしら。
どちらにしても、アメリカに14年遅れて日本にカップケーキ・ブームが 舞い降りるのは間違いなさそう!

そしてこちらが私のカップケーキのレシピ本。マグノリア・ベーカリーで働いていた頃のエピソードや、SEX AND THE CITYの撮影の裏話も掲載してます。是非参考にして下さいませ(宣伝)。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E4%BB%95%E8%BE%BC%E3%81%BF%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%81%A8%E3%83%87%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB%E4%BA%94%E6%9C%88/dp/4863110642

私のカップケーキのFacebookページ
https://www.facebook.com/butterdrop

マグノリア・ベーカリーのFacebookページ
https://www.facebook.com/magnoliabakeryjapan

Thursday, May 15, 2014

夢のWall Paper

先日Holland Parkに住む友人のお宅にお邪魔した際、壁紙の美しさに見惚れてしまったのでここでご紹介。
写真だと判りにくいのだけど、このお花や鳥の模様はすべて壁紙にミシンで縫い付けてあるという手の凝った仕掛け。だから3Dで盛り上がっていて非常にラブリーなのです。


壁紙ってただでさえお安くないのに、ミシンで縫製してあるとは£££!デザイナーさんのウェブサイトで是非その繊細な美しさをチェックしてみて下さい。
Clair Coles 

階段のエリアの鯉が泳ぐこの涼しげな壁紙、1ヤードで£500位するらしい。OMG!!
お風呂のオリエンタルなクローゼットの扉もまた豪華でございました。

De Gournay

Sunday, May 11, 2014

ビンテージ列車に乗って。

1930年代物の蒸気機関車が走っている路線があると言う噂を聞いて、うちから更に1時間南に下ったTenterdenという街に行って来ました。
1841年に開通したこの路線、今ではイベント時のみこのビンテージ蒸気機関車が走るそうで、駅にはこんなアンティークのトランクが積んであるという粋な演出。
 
この燕尾服にシルクハットのおじさまは、この機関車の持ち主という設定らしい(わかりにくいよ)。怖い顔で乗客一人一人をチェックしてました。
みんなチケット持ってるか?
列車内は期待を裏切らずこんな感じ。
ケーリー・グラントなんかが乗って来そうな雰囲気(そんな訳ない)で、風光明媚な車窓も非常に美しくて大満足でした。

その後はハイストリートにある可愛いカフェで休憩。このカフェは築500年だそう。

やっぱり古いもの、古い場所に居るのが一番落ち着くわ・・・。





Kent & East Sussex Railway
http://www.kesr.org.uk/

Saturday, May 10, 2014

今日のカップケーキ。