Thursday, October 31, 2013

tumblr始めてみました。

こちらです。

ついでに
Facebook:https://www.facebook.com/butterdrop
Twitter:https://twitter.com/satski_gamble

Tuesday, October 22, 2013

つぶやきまとめ:Miscellaneous

Twitterより。

紙オムツが土壌に分解されるのにかかる時間=500年!だから私は布おむつと、4年で分解されるBeaming Babyのbiodegradable 紙オムツを使ってます。

これも非常に賢い!エコフレンドリーなチェスのセット。駒をくり抜かれた方の木材も駒として使用するという仕組み。Check out these eco friendly chess set-so clever and cool!


パリジェンヌの友人から聞いたんだけど、アラン・ドロンはいつも第三人称で自分のことを語るらしい。「アラン・ドロンが思うには…」「アラン・ドロンが言うには…」など。

そう言えば私は、15歳の時に読んだオリーブの留学特集号をバイブルにしていました。今でも実家に大切にしまってある、私の原点になった一冊。ピンクの背景に、黒いビロードのミニドレス着てるモデルが4人横に並んでる表紙のやつ。家宝。


ちなみに私の小学校では夏休み前に配られる「夏休み中に気を付ける事」のプリントの一項目に、「耕運機を運転してはいけません」っていうのがあった。私はバリバリ乗ってたけどね、ワルだったから…


うちの旦那さんのバンドでキーボード弾いてた男の子が、フローレンス&ザ・マシーンに引き抜かれてワールド・ツアーに旅立ちました。=大出世。


友達の飼ってるメス犬に思いっきり噛まれた。医者に行ってあえてドッグではなく「ビッチに噛まれました!」と説明。オフィシャルにビッチという名詞が使えて何だかちょっとスッキリした。個人的にはdouble meaningも兼ねてたんだけど。


ニューヨーカーの友人:「イギリス人てみんな便秘してるみたいに凝り固まった喋り方するよね」。ロンドンっ子の友人:「アメリカ人てみんな口から下痢してるみたいにノンストップでずっと喋り続けるよね」。=言い得て妙。


著名人が自分のルーツをたどる「Who do you think you are?」という番組。高貴な顔立ちのブルック・シールズ、ルイ14世の末えいである事が判明。魔女顔のサラ・ジェシカ・パーカー、17世紀に先祖がセイラム魔女裁判にかけられていた事が判明。興味深い。


「Who do you think you are?」の続き。17世紀のセイラム魔女裁判にかけられたサラ・ジェシカ・パーカーの祖先は、無罪であることが確証されたので処刑は免れたそうです。


マデイラの空港に着いたら物凄い人だかり。観察してみると、どうも若い女の子の見送りに来てる家族&親戚みたい。マデイラでは仕事がないから一人でリスボン辺りに引越すのかな。みんな抱き合って泣いてるんだけど、特にお父さんが号泣しててもらい泣き。


古い本を再利用して製作されたMacBookのケース。その名もBookBook。欲しい!


アイルランド人のヒーラーさんがおしえてくれた肩こりを治す方法→パイナップル(とかアズキ、桃などのちょっと重め)の缶詰めを持って真上に持ちあげて、そこから下に思いっきり振り切る。やってみたら本当に肩がスッキリ。お試しあれ。

Tuesday, October 15, 2013

名古屋でのカップケーキ・レッスン、参加者募集!

お待たせしました。11月20日水曜日、名古屋でカップケーキ・デコレーションのレッスンを開催させていただく事になりましたので、ここで告知させていただきます。
名古屋バージョンで派手目なカップケーキ作ります。

<場所>
名古屋市天白区(参加者さんのみにメールで詳細をお知らせさせていただきます。)

<レッスン時間帯>
11:00〜12:30 満席→キャンセル待ち予約になります。
13:00〜14:30 満席→キャンセル待ち予約になります。

<レッスン料>
8000円

<レッスンの内容>
時間の関係上、既に焼いてあるカップケーキを使用します。バタークリームを作り、色づけをし、アイシング・ナイフを使ってカップケーキにバタークリームを乗せるデコレーションの方法と、アイシング・バッグを使ったデコレー ションの方法を習得します。
お一人様につき、カップケーキを4個お持ち帰りしていただきます。4つのカップケーキのうち、一つはクリスマス仕様のデザインにする予定です。

<持ち物>
筆記用具、カップケーキの箱(17cm x 17cm)が入るキャリーバッグ。飲み物。
レシピ、カップケーキの箱はこちらで用意させていただきます。
お支払いはレッスン開始時に現金でお支払いお願いします。なるべくお釣りが要らない様にしていただければ助かります。

<お申し込み方法>
参加ご希望の方は下の項目をメールにコピペして、該当する事項をご記入していただきinfo@butterdrop.co.ukまでメールでご連絡ください。
=============================
お名前:

希望するレッスン時間帯:

住んでいる都道府県:

どこでこのレッスンについて知りましたか?:
例)ブログ、ツイッター、Facebook、友人からの紹介etc....

ご質問、ご意見:


==============================

<よくあるご質問>
Q: レッスン修了後にカップケーキの試食はありますか?

A: できれば試食の時間も設けたいのですが、レッスンの進行がどのようになるか今の所不明なので、コンファームできないのが現実です。試食のお時間が設けれた 場合でも、会場の都合上お飲物をサーブすることができませんので、できればペットボトルのお茶などをご持参頂ければいいかな?と思います。カップケーキは 大分アメリカンな甘さなので、飲み物は必須!です。

Q:レッスンで使うレシピは著書の『ニューヨーク仕込みのカップケーキとデコレーション』と同じものですか?

A:その予定ですが当日は人数上、レシピ本の分量の2、3倍の料で作らせていただきますのでご了承くださいね。

Q:ブログに載せるために写真を撮るのはOKでしょうか?

A:もちろん大歓迎です。私にそのブログのリンクを送るのを忘れないで下さいね!


それではご応募お待ちしておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。


Sunday, October 13, 2013

お堀のある築500年のお家。

先日ケーキを注文してくれたご婦人から『今日うちにお茶しに来ない?』とメールが来たので、のこのこ出掛けて参りました。この方、ケーキの注文のやり取りしてた頃からやけにフレンドリーな感じだったので『何かヨーロッパ人じゃないっぽい・・・』と思ってたんだけど、案の定カナダ人。


家に着いてみたら、何と敷地が450エーカーもある豪邸&乳牛の牧場を経営しているファーム。お家がお堀に囲まれているって事は非常に偉い人が住んでたんでしょうね?と聞けば、なんとヘンリー8世の奥さんだったアン・ブーリンが住んでいたとの事。そして1930年代には、映画監督のヒッチコックもよく訪れていたらしい。

敷地内には大きな果樹園があって、ブラックベリーがたわわに実を付けていました。そうです、ブラックベリーは秋の果物だって事はELLE ONLINEの記事でも書いたばかり。



しかし・・・近くで見ると牛って本当に巨大!こんな巨大な体躯の動物のミルクを人間が消化するって事自体、非常に不合理な気がしません?私の非常にヘルスコンシャスな友人とかは、『乳製品は体に悪いから食べない』って人がいっぱい居ます。実は私も昔から、牛乳は牛の赤ちゃんの飲み物であると思ってる人。そもそも日本人は何千年も芋やら米を主食にしてたので、戦後(たかが約70年前)にアメリカによって持ち込まれた小麦や牛乳を体内で処理する能力や遺伝子を兼ね揃えてないからアレルギー反応を起こす人が多々居るらしい。私は牛乳を飲むのはミルクティーに入れる時くらい。ちなみに人間は脂肪球の小さいヤギのミルクの方が消化し易いそう。

非常に話が逸れました。

さて、このお宅でいただいたミルクティーに使ったのは勿論絞りたての殺菌されてないミルク。こんな素朴な缶に入れて保存されてて、気分はハイジ。イギリスでは本当に半端無い回数お茶を飲むので、キッチンにこんな風にお茶を作る「ティー・ステーション」があってそのすぐ下の引き出し型の冷蔵庫にミルクやドリンクを冷やしてる家庭が少なくないのです。彼女のティー・ステーションはシャッター付き!

そしてこの重厚なお部屋に案内されて、壁のアン・ブーリンの肖像画を眺めながら『そういえば彼女って夫のヘンリー8世の命令で斬首で処刑されたんだよね・・・』とか回想しながらミルクティーをいただきました。
大変おいしゅうございました。