Sunday, December 30, 2012

ロンドンお勧めスポットNo.5:Leila's Shop

ニューヨークからロンドンに引っ越してきたばかりの頃に住んでいたShoreditch界隈を久しぶりに散策。


今でこそカフェやらレストランやらブティックやらでいっぱいのお洒落なこのエリア、2004年当時はまだちょっと汚くて危険な匂いが漂っていて・・・。大通りにある教会ではよくホームレスのおっちゃんたちが昼間っからジンのボトルを回し飲みして酒盛りしたりしてたものです。
そしてその頃から存在していた唯一のお店と言えばこのLeila's Shop。実は当時、ここに飛び込んで週末にカップケーキを作って売らせてもらっていたのでございます。。
Leila's Shop





電動ミキサーもないこのオーガニックなキッチンで、6年も働いたニューヨークのマグノリア・ベーカリーのレシピを思い出しながら一生懸命泡立て器でカップケーキを作ってる途中、記憶が曖昧になってきて赤い電話ボックスに駆け込んでニューヨークまで電話したりした事も今ではいい思い出。

オーナーのLeilaのお父様Billが、かの有名なヘッジファンドの教祖ジョージ・ソロス氏と友達で、Billの自宅で開かれたソロス氏の極秘のバースデーパーティに手作りのケーキを持って行った事も。一緒に撮った写真は家宝であります(リンク参照)。

そして久しぶりにお店に入ってみると、どうも昔と感じが違う・・・と思ったら、隣にあったお店を買い取ってそちら側がLeila's Cafeというカフェになっているではないの!カフェはすごい人気で若いファミリーやヒップスター達で賑わってました。
昔住んでいたブルックリンのGreen PointもGentrificationの波に飲まれてどんどんヒップスター達に占領されてしまったけれど、それはこのShoreditch辺りでも同じ状況の模様。恐るべし、ヒップスター。
奥のお店がカフェ。

このLeila's Shop、なんと100年前も今と同じく野菜や果物を販売するグローサリー・ショップだったのだそう。下の二枚の写真は1903年当時のショップ前で撮影されたものと、同じ構成で近年再現したスナップ。そんなに劇的でないビフォーアフターが嬉しい。
Before
After
もしEast Londonを訪れる機会があったら、是非立ち寄ってみてください!木曜日に出掛けると、近所で行われてるOld Spitalfields Marketにも行けちゃいます。


Leila's Shop
15-17 Cal;vert Avenue, Bethnal Green, London E2 7JP


Tuesday, December 25, 2012

Happy Holidays vs Merry Christmas

イギリスで過ごすクリスマスも7回目。こちらの人は普通に『Merry Christmas!』って言うんだけど、ニューヨークではこの時期の挨拶は『Happy Holidays!』がお決まり。私は10年ニューヨークに住んでいた時の名残で未だにカードにはHappy Holidaysと書きます。
今年のツリーは右に傾き目。
どうして『Merry Christmas』じゃなくて『Happy Holidays』なのか?
New Yorkは『Jew York』と言われるほどユダヤ人が多いので、クリスマスではなくHanukkahを祝う彼らに『Merry Christmas』というのは公平ではないからという事らしい。勿論、ユダヤ人以外にも他の宗教の人たちも沢山居る訳だから、その人たちをoffendしない様に・・・といういかにも『Politically Correct』である事にうるさいアメリカ的な発想。イギリスにも他宗教の人々は沢山居る訳だけど、こっちの人はそんなにセンシティブではないみたい。義理父にこの件について聞いた所『イギリス人はアメリカ人ほどPolitically Correctである事に固執しないから』という意見でした。
ホリデー・カップケーキ
『Happy Holidays』という言葉はキリストの誕生を祝うだけではなく、1年の最後の師走、クリスマス、大晦日、お正月に掛けてのあの特別なざわざわ、ワクワクした雰囲気を全部含んで『Holy Days』としてるので、私はちょっと好きなのです。
Before
After
とにかく皆様、Happy Holidays and Merry Christmas!

Thursday, December 20, 2012

Today's cupcakes


Tuesday, December 18, 2012

Victoria & Albert Museum

今日はVictoria and Albert Museumに行ってきました。

中庭を望んで。
この博物館はとにかく巨大。そして本当に目の保養になる美しい物たちで溢れています。年代ごとにショーケースに並ぶ美しいドレス。私はゼルダ・フィッツジェラルドとかが着ていた様な感じの20年代のこんな服が一番好き。



そしてこの博物館で一番のお気に入りの空間は、建築家のJames Gambleがデザインした『ギャンブル・ルーム』というカフェ。私と同じ苗字のカフェなのでウキウキしちゃうのです。義父に確認した所、特に祖先だったりはしないらしいけど・・・。
食べ物もおいしい。



トイレまでシック。
この博物館はミュージアム・ショップのセレクトがとても素敵なので、必ずここで散財する事になります。オンライン・ショップもあるので覗いてみて下さいね。




Wednesday, December 12, 2012

るーるーる。

カップケーキ焼いてると、必ず現れるお客様。

Saturday, December 8, 2012

Red Velvet Cakeの色について

私のレシピ本の読者の方からメールで質問いただいて返信をしたのですが、メールが跳ね返って来てしまったのでここで回答させていただきます。

レッドベルベッド・カップケーキを作る時に使う色紅について:
私は『私の台所』ではなく『共立食品』の赤い色紅をお勧めしています。そして、どうしても真っ赤なケーキにしたい!という場合は、レシピ本では小さじ1と1/4と ある色紅の量を、小さじ1と1/2〜3/4くらい入れてみて下さい。

因みにイギリスでレッドベルベッド・ケーキを作る時はSilver Spoonというメーカーの液体のフードカラーを使用してるんですが、レッドベルベッド・ケーキの人気が急上昇している今日この頃、いつも売り切れで困っております。

Sunday, December 2, 2012

Today's cupcakes