Tuesday, November 30, 2010

お気に入りのカフェin つくば

1年ぶりに帰国中でございます。I ♥ Japan。
今日は、私の結婚式の2次会をさせて頂いた場所でもある、『ルーラル吉瀬』に行ってきました。
入り口の立派な長屋門の左右のスペースはギャラリーになってます。
畳の上にテーブルと椅子を置くのって大好き。
一つ残念だったのは、昔は割烹着をきたおばちゃんたちがせかせかと働いていたのに、今回は蝶ネクタイに黒ベストのウェイターさん達に変わってしまっていた事。
でも、そんなウェイターさんたちも皆、茨城弁丸出しだったので良しとするか・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



Wednesday, November 24, 2010

今まで住んだ部屋No1:実家

私の実家の居間。10年間のニューヨークの生活を終えて一時帰国していたある日、いきなり思い立って赤いペンキを買って来て、取り憑かれた様に塗っちゃいました、真っ赤っかに!
多分、ニューヨークからいきなり茨城県のど田舎なんかに帰ってきた弾みで、内に有り余っていたパワーが爆発しちゃったみたい・・・。

<BEFORE>

<AFTER>
でも壁を真っ赤にした途端、梁やシャンデリアがいきなり映えて、レトロな喫茶店っぽい雰囲気になって大満足。40年もののヤマハのレコードプレーヤーで秋吉敏子やら荒井由美のレコードをかけるとそこはもう昭和の空間!

早速100円ショップで「営業中」のサインを買って来てドアに掲げ、勝手にこの居間を「すなっく『五月』」と命名。すぐに近所の同級生たちの溜まり場と化したこのお部屋。来週1年ぶりに帰国するので、久しぶりにまた開店する予定です。

Monday, November 22, 2010

泊まってみたいホテルNo1:Hotel Klaer


去年ドイツのSpeyerで高校の同級生が結婚式を挙げた時、式場の近辺でホテルを探していて偶然見つけたこのホテル。昭和にタイムトリップ!!

壁紙、壁の絵、ランプ、どれを取っても昭和レトロ。昔、いとこのお姉ちゃんがこんな部屋に住んでいた様な・・・。
しかしこのホテル多分、というか絶対、70年代のレトロな雰囲気にしようと狙ってるんではなく、70年代からインテリアがそのままなんです・・・という感じ。
結局、結婚式場から遠いということで泊まらなかったこのホテル。いつまでもあか抜けない昭和のままの雰囲気でありますように。


Hotel Klaer

Saturday, November 20, 2010

Guy Bourdinの写真集

Guy Boudinの新しい写真集が発売されました。



究極のCofee Table Bookといった感じ。

Guy Boudin: In Between

Thursday, November 18, 2010

お気に入りのアンティーク・ショップ


うちから車で10分くらいのかわいい村に、お気に入りのアンティークショップがあります。

アンティークと言っても、私の好きなのは、ガラクタ系の物たち。古い缶とか、ミッドセンチュリーの置物とか、30年代のティーカップとか。20ポンド以上の物は買った事ありません。
ロンドンのアンティークショップはぼったくり並みの値段の所が多いけど、郊外のアンティークショップだとやっぱり断然に安い!

私の部屋の棚もここで買った戦利品でいっぱいになって来てます・・・。

Tuesday, November 16, 2010

かわいい郵便局

よく車で通り過ぎるこの郵便局。用事がなくても行って見たい!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

Thursday, November 11, 2010

Isaの手作りオーガニック・スキンケア

ブルックリンに住む、ナチュラル志向で外身も中身も魅力的な友人イザ。最近、植物学者の資格を取ってオーガニックのスキンケア商品を作り始めました。(ここで彼女のインタビューが観れます。)

自然を尊重して、あえて雑草を抜かない自分のバックヤードで育てた様々なハーブを使って、キッチンで一つ一つ心を込めてスキンケア商品を手作りしているイザ。毎日のメイクも、炭で描くアイライナーとイチゴを頬に塗ったチークのみ(!)、と至ってナチュラル。




ベスト・セラーはこのカモミール・クリーム。ムースみたいなテクスチャーで、お肌にすうっと浸透する感じ。保存料が一切入っていないので、私は冷蔵庫で保存中。

こちらのライラック・ルージュは、リップグロスにもチークにもなるという便利なモノ。自然な発色で、紅潮した様な健康的な顔色になってビックリ。

実は彼女、フォトグラファーでもあって、昔、私のバンドの写真を撮影してくれたことも。正に才色兼備!


彼女のオーガニック・スキンケア商品Isa's Restratives、海外にも発送してくれるそうです。私も早速購入してイザのように美しくなる予定!

Isa's Restratives

Wednesday, November 10, 2010

ロンドンお勧めスポットNo.1:Dennis Severs' House

Liverpool Street駅近くの裏道、Folgate StreetにあるDennis Sever's House


イギリス好きのアメリカ人Dennis Severs氏が30年前に購入したこのGeorgean時代のお家。彼が20年の歳月をかけて内部の部屋を18世紀〜19世紀のインテリアに見事に修復、改造した素敵な邸宅です。
そして興味深いのは彼の独特の改造方法。
「シルク織り職人のJervis一家」という架空の家族がこの家に今でも住んでいるという設定で、どの部屋もJervis一家の息づかいが感じられるように綿密に細工されてあります。

これはSmoking Room。ついさっきまで誰かがパイプでタバコを吸っていたように、吸い殻からまだ煙が・・・。


ダイニングルームのテーブルにも、かじられたパンと食べかけのスープ。

ベッドは乱れたままで、すぐそこを住人が歩き回っているような足音も聞こえてきます。
一番上の階は、(多分)使用人部屋という設定。


時間を忘れて、18世紀のイギリスにタイムトリップしたような錯覚に陥るこのお家。通常の入場料は12ポンドですが、第2と第4月曜日の昼間だけは5ポンドで入れます。
ゴージャスでPricelessな時間が過ごせること請け合い。
Dennis Severs House

18 Folgate St, Spitalfields
, London E1 6BX

http://www.dennissevershouse.co.uk/

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


Tuesday, November 9, 2010

イギリスのお誕生会

今日は友達の娘さんの6歳のバースデーパーティーにて、カップケーキ作りを教えてきました。
真剣に飾り付けする子供達・・・。
この女の子達の通う学校は私立のお嬢様小学校らしく、6歳なのに言葉使いの美しい事!

「May I have more of those sprinkles please?」

と、きれいなイギリスのアクセントで頼まれて焦る私。ニューヨークの小学校で同じ様なことをした時は、「Give me that one!」だったよなぁ・・・。

しかし、やっぱりプレゼントを開ける時は豪快にばりばりっとラッピングを破いてました。そこはアメリカの子供と一緒なのね・・・。

Friday, November 5, 2010

ハンサムな彼女